事業・技術紹介

弊社の事業内容や、基幹技術である人工染色体ベクターについてご紹介いたします。

人工染色体ベクター

人工染色体ベクター   鳥取大学医学系押村光雄教授らのグループにより開発された人工染色体ベクターは、ヒトあるいはマウス染色体から細胞内での染色体の維持や分裂に不要な遺伝子領域を削除することにより開発され、それぞれHAC(ヒト染色体由来の人工染色体:human artificial chromosom…

染色体解析(信頼性保証体制)

染色体解析(信頼性保証体制) 種々の染色体解析技術を用いて、簡易核型解析 (Q-band) やG-band解析、染色体上の遺伝子マッピング、マルチカラーFISHによる染色体異常解析を行っております。最短2週間での解析が可能であり、再生医療研究や、基礎研究などを行う各製薬会社・研究機関の研究者様から高評価の声をいただいて…

安定遺伝子発現細胞株構築

遺伝子安定発現細胞株の構築  人工染色体ベクターは既存の発現系にない様々な特徴を有しております。弊社では、これらの特徴を活かした安定的な遺伝子発現細胞株の構築サービスを行っております。創薬プロセスにおける医薬品候補化合物のスクリーニングやin vitro 薬理試験などへご利用いただけます。 人工染色体ベクターを用いて構…

タンパク質高産生細胞株構築

タンパク質高生産細胞株の構築 弊社がご提供いたします人工染色体ベクターによるタンパク質発現細胞株作製受託サービスは、下記のように他の発現系にない様々な利点がございます。本サービスでは、目的の遺伝子を人工染色体ベクターに搭載後、微小核細胞を調製し、ご希望の宿主細胞株に移入することによりタンパク質高生産細胞株を作製いたしま…

マルチカラーFISH/マッピングFISH・モノクロナリティ解析(信頼性保証体制)

CHO細胞の遺伝子導入部位特定サービス マルチカラーFISHとmappingFISHを組み合わせて、CHO細胞の染色体構成や抗体等の目的遺伝子の導入部位を特定いたします。 CHO細胞のHotSpot探索ならびに細胞クローンのモノクロナリティ確認といった品質管理が可能です。 弊社では一般解析に加えて当局申請用の受託サービ…

MAB

次世代バイオ医薬品製造技術研究組合  この度、経済産業省の個別化医療に向けた次世代医薬品創出基盤技術開発(国際基準に適合した次世代抗体医薬等の製造技術)プロジェクト(以下、本プロジェクト)を実施するための技術研究組合である「次世代バイオ医薬品製造技術研究組合」(以下、本組合)の設立が、経済産業省から認可されました。  …